2009月の季節便り


4月1日 小野路・図師
スモモ
(左)スモモの花。
(下)ヤマザクラが咲き始めている。
ヤマザクラ
カツラ
(左)カツラの若葉。
(下)タラの芽。
タラノキ
タマアジサイ
(左)タマアジサイも若葉を出している。
(下)ツクシ。
ツクシ
ヤマルリソウ
(左)ヤマルリソウ。
(下)カタクリが開きそうだ。
カタクリ
ノミノフスマ
(左)あぜ道にノミノフスマ。
(下)ムラサキサギゴケ。
ムラサキサギゴケ
ナズナ
(左)ナズナ。
(下)ムラサキケマン。
ムラサキケマン
コスミレ
(左)コスミレ。
(下)ビロードツリアブは、日差しが無いので落ち葉に止まったまま。
ビロードツリアブ


4月3日 小野路・図師
コクサギ
(左)コクサギの雄花と芽吹き。
(下)ツリバナの芽吹き。
ツリバナ
ハナイカダ
(左)ハナイカダの芽吹き。
(下)アワブキの芽吹き。
アワブキ
マユミ
(左)マユミの芽吹き。
(下)芽生え始めたヤブレガサの群落。
ヤブレガサ
マルバベニシダ
(左)マルバベニシダの芽立ち。
(下)コゴミ(クサソテツの芽立ち)。
クサソテツ
タチツボスミレ
(左)切株に生えたタチツボスミレ。
(下)ノジスミレ。
ノジスミレ
マルバスミレ
(左)マルバスミレ。
(下)春を告げるトガリアミガサタケ。
トガリアミガサタケ

コツバメ
(左)春を告げるシジミチョウはコツバメ。
  止まる時は翅をたたんでお行儀が良い。
(下)ムラサキシジミはよく表を見せてくれるのだが。
ムラサキシジミ


4月4日 小野路・図師
イロハモミジ
(左)イロハモミジのつぼみと芽吹き。
(下)キブシの花と芽吹き。
キブシ
ミツバアケビ
(左)ミツバアケビの花序。
(下)シバヤナギ。
シバヤナギ
ヤマザクラ
(左)ヤマザクラの花。
(下)笹藪の中でシュンランが咲いていた。
シュンラン
カントウタンポポ?
(左)カントウタンポポのようだが。
(下)花の周囲が白い個体もある。
カントウタンポポ?
ニオイタチツボスミレ
(左)ニオイタチツボスミレ。
(下)白花のスミレのようだが? -> シロノジスミレだそうです。
 かぜくささんの画像掲示板で、mitueさんに教えて頂きました。
シロノジスミレ
ヒメスミレ
(左)道路の隅にヒメスミレ。
(下)小さなアカネスミレ。
アカネスミレ
ミヤマセセリ
(左)ミヤマセセリは早春の雑木林でだけ見られる。
(下)ベニシジミ。
ベニシジミ


4月7日 小野路・図師
丘の上
(左)市民菜園のある丘の上。
(下)これはシロバナタンポポだろう。
シロバナタンポポ
ミズキ
(左)ミズキの芽吹き。
(下)蕾も見える。
ミズキ
イロハモミジ
(左)イロハモミジの若葉が展開している。
(下)モミジイチゴの花。
モミジイチゴ
谷戸
(左)春めいてきた谷戸。
(下)オオアラセイトウ・ムラサキハナナ・ショカツサイといろいろな名前を持つ。
オオアラセイトウ
ニリンソウ
(左)ニリンソウが咲き始めている。
(下)裏から見るとピンク色がかっている。
ニリンソウ
ヒカゲスミレ
(左)ヒカゲスミレ。
(下)オトメスミレ。
オトメスミレ
カタクリ
(左)カタクリ。


4月9日 小野路・図師
ヤマザクラ
(左)五反田谷戸の大きな山桜。
(下)ため池に散った花びら。
ヤマザクラ
ヤマザクラ
(左)山桜の花はそろそろ終わりのようだ。
(下)代わってこれからは木々の新緑が見頃となる。イヌシデ。
イヌシデ
エゴノキ
(左)エゴノキ。
(下)アオダモ。
アオダモ
リョウブ
(左)リョウブ。
(下)ウリカエデ。
ウリカエデ
ミツバツツジ
(左)植えられているミツバツツジの花。
(下)ツマキチョウ♂を発見。
ツマキチョウ♂


4月11日 小野路・図師
コナラ
(左)コナラの芽吹き。雄花も一緒に出ている。
(下)ヒメコウゾの芽吹き。
ヒメコウゾ
カツラ
(左)カツラの若葉が展開してきた。
(下)クサイチゴ。
クサイチゴ
谷戸
(左)谷戸は春色。
(下)トラフシジミ。春型は翅の模様がはっきりしている。
トラフシジミ
コサギ
(左)コサギ。
(下)春眠中のカルガモ。
カルガモ
フデリンドウ
(左)フデリンドウを見つけた。嬉しい。
(下)ジュウニキランソウ。ジュウニヒトエとキランソウの雑種だそうだ。
ジュウニキランソウ
ニリンソウ
(左)ニリンソウ。
(下)大きなイチリンソウも咲き始めた。
イチリンソウ
オトメスミレ
(左)オトメスミレ。
(下)おなじみのタチツボスミレ。
タチツボスミレ
ヒカゲスミレ
(左)ヒカゲスミレ。
(下)マルバスミレ。
マルバスミレ


4月12日 小野路・多摩市
ヤマボウシ
(左)ヤマボウシ(植栽)の芽吹き。
(下)ムベ(植栽)の花。
ムベ


4月13日 小野路・図師
神明谷戸
(左)新緑の神明谷戸。
(下)ナツハゼの若葉。
ナツハゼ
ガマズミ
(左)ガマズミの蕾ができている。
(下)ツタウルシ。
ツタウルシ
ムベ
(左)自生しているムベの若葉。
(下)葉裏の葉脈が特徴的。
ムベ
チューリップ
(左)民家の庭先にチューリップが1本。
(下)道の脇の小さな流れ。
小さな流れ
トウダイグサ
(左)トウダイグサの花。
(下)フキノトウが大きくなり綿毛になっている。
フキ
サギゴケ
(左)サギゴケの白花と紫色の花。
(下)雑木林ではチゴユリが咲き始めている。
チゴユリ
ジュウニヒトエ
(左)ジュウニヒトエ。
(下)タマノカンアオイ。
タマノカンアオイ
トゲアリ
(左)杉の幹の窪みに巣を作っているトゲアリ。
(下中)アカハネムシ。 (下右)テントウムシ(ナミテントウ)。♂と♀で模様の違うタイプ。
アカハネムシ テントウムシ(ナミテントウ)


4月15日 小野路
朝
(左)雨の翌日の朝。
(下)コナラの若葉と雄花。
コナラ
ヒメコウゾ
(左)ヒメコウゾの雌花。
(下)日が射してくる。
コナラ
アカシデ
(左)アカシデの若葉。
(下)ウメモドキ。
ウメモドキ


4月16日 小野路・図師
万松寺
(左)万松寺の大カヤと八重桜。
(下)雑木林から谷戸を望む。
雑木林から
ホオノキ
(左)ホオノキ。木によって展開していく葉の状態が違う。
(下)マユミに蕾がついている。
マユミ
ハナイカダ
(左)ハナイカダの雌花。ハナイカダは雌雄異株。
 花のところまで葉脈が太いのが分かる。
(下)カシワバハグマの芽立ち。
カシワバハグマ
シラユキゲシ
(左)湿地に見慣れない大きな白い花を見つけてびっくり。
 調べると、中国原産のシラユキゲシ。栽培品が逃げ出したのだろうか。
(下)群落になっている。
シラユキゲシ
カタバミ
(左)小さなカタバミ。
(下)もっと小さなハナイバナ。
ハナイバナ
ツボスミレ
(左)小さなツボスミレ(ニョイスミレ)。
(下)レンゲの花が咲いていると嬉しい。
レンゲ
ミヤマセセリ♂
(左)ミヤマセセリ♂。


4月17日 小野路・図師
ウワミズザクラ
(左)ウワミズザクラが咲いている。
(下)ムクロジの芽吹き。
ムクロジ
アケビ
(左)アケビの雄花。
(下)大きな雌花。
アケビ
フタリシズカ
(左)フタリシズカの芽立ち。
(下)ホウチャクソウ。
ホウチャクソウ
ヴィオラ・ソロリア
谷戸に定着しているヴィオラ・ソロリア(アメリカスミレサイシン)。
(左)普通見るものより色が赤い。 (下)白花。
ヴィオラ・ソロリア
ニョイスミレ
(左)花が紫色を帯びているがニョイスミレだろうか。
(下)ベニシジミ。
ベニシジミ


4月18日 高尾山
新緑
(左)小仏峠から城山を通って高尾山に。
 薄曇りの空だが、芽吹き始めた木々と咲き残っている山桜の山肌が美しい。
(下)ヒメコウゾの芽吹き。雄花序の蕾が実のように見える。
ヒメコウゾ
モミジイチゴ
(左)モミジイチゴの花。
(下)ミミガタテンナンショウ。
ミミガタテンナンショウ
イチリンソウ
(左)イチリンソウ。
(下)ニリンソウ。
ニリンソウ
セリバヒエンソウ
(左)セリバヒエンソウ。
(下)クサノオウ。
クサノオウ
ミヤマキケマン
(左)ミヤマキケマン。
(下)シロヤブケマン。
シロヤブケマン
ヤマネコノメ
(左)ヤマネコノメ。種も見える。
(下)ヨゴレネコノメとウワバミソウ。
ヨゴレネコノメとウワバミソウ
ヒトリシズカ
(左)ヒトリシズカ。
(下)ケマルバスミレ。
ケマルバスミレ
エイザンスミレ
(左)尾根道の脇にエイザンスミレ。
(下)コスミレ。
コスミレ
フタホシシロエダシャク
(左)フタホシシロエダシャク。
(下中)アカメガシワの新芽。 (下右)ジュウモンジシダ。
アカメガシワ ジュウモンジシダ


4月19日 小野路 ...とそれ以降に続く



3月のボタン 1年前は...  表紙に戻る inserted by FC2 system